雇用

作業所意外の障がい雇用対象者

雇用

障害者雇用とは、障害のある人が障害のない人と同様にはたらく機会を得られるよう、自治体や企業が特別な採用枠で雇用することを言います。 障害があることを前提としているため、障害者手帳を持っている人が対象で、一般雇用とは異なる採用基準での就職となります。

障害者雇用とは、障害のある人が障害のない人と同様にはたらく機会を得られるよう、自治体や企業が特別な採用枠で雇用することを言います。障害があることを前提としているため、障害者手帳を持っている人が対象で、一般雇用とは異なる採用基準での就職となります。

日本には「障害者雇用促進法」という法律があります。その中で定められている制度の1つに、自治体や企業に対して一定の割合で障害者を雇用することを義務づけた「障害者雇用率制度」があります。企業には、法定雇用率以上の割合で障害者を雇用することが義務づけられているのです。
現在、民間企業の法定雇用率は2.2%で、社員が45.5人以上の企業であれば、障害者を1人以上雇用しなければなりません。2021年3月には2.3%に引き上がる予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました